茅ヶ崎方式英語学習法

  1. 茅ケ崎方式英語学習法は、厳選された4,000語を使用語(production word)化しつつ、英語の運用法を身につける学習法です。
  2. 4,000語は、VOAのSimple Englishをはじめ日本向け海外放送の英語ニュースを3年間モニターして使用されている語の頻度数を調べ、約6,000語を選んだ後、NHKのベテラン国際放送英文記者4人に依頼して4,000語に絞りました。なお、4,000語は、30年にわたる教材作成の体験を踏まえて、1990年代の初めに基本4,000語の改訂版作成に当たって約100語、改定教本シリーズの中で約150語を入れ替えました。さらに、2015年12月、BOOK-0の基本単語約200語を加えました。
  3. この4,000語を使用語化し、運用法を身につける方法として、言語習得の最も自然な形であるLISTENINGを中核に置きました。
  4. LISTENINGの学習で困難を感ずるのは、
    A. 語彙の不足…「知らない言葉は聴き取れない」
    B. スピードヘの対応力の不足… 特に初心者にとって
    C. 英文を語順に理解する力の不足… 統語法(syntax)の知識不足
    D. 背景知識の不足
    E. 類推力の不足
    が主たる原因であると考え、学習の軸をその解消に置きます。
  5. これらの原因を、段階的かつ包括的に解消していくための基本教材として
    1. 国際英語基本4,000語 … 辞書
    2. 国際英語教本 BOOK-0(前編)… 基本再学習
    3. 国際英語教本 BOOK-0(後編)… 基本再学習
    4. 国際英語教本 BOOK-1… 初級
    5. 国際英語教本 BOOK-2… 中級
    6. 国際英語教本 BOOK-3… 上級I
    7. 国際英語教本 BOOK-4… 上級II
    8. 国際英語教本 BOOK-5… 対話
    を用意しました。これら7冊は全て基本4,000語のみで書かれています。
  6. 「国際英語基本4,000語」は、茅ケ綺方式英語学習法の全ての教材で用いられる語彙を網羅し、原則としてこれ以外の語は使用しません。これを辞書として使用することにより、包括的に、より早く4,000語が身についていきます。
  7. BOOK-0は、中学校で一応英語を勉強しながら、よくわからなかったり、途中で挫折した人、社会に出てからもう一度英語をやり直したい人のための基本の再学習教本です。前・後編2冊で用語を500語にしぼり、英語の4機能(listening,reading,writing,speaking)の基本が、知らず知らずのうちに身につくように編集されています。この教本によって英語の勉強の方法がわかり、BOOK-1以降の教本を学ぶ際の基本が身につきます。
    (BOOK-0前・後編巻末「この教本の構成と使い方」参照)
  8. BOOK-1は、4,000語のうちの1,000語と旧文部省中学校外国語学習指導要領で必修とされた語を使用語化し、英文のSYNTAXの基本を体得できるように編集されています。
    1,000語とSYNTAXの基本となる10項目の文法事項が、800の用例の中に埋め込まれています。また、この教本を音声化した教材(MP3、CD)では、SLOW READINGをまじえて初心者のスピードヘの対応が容易になるよう配慮してあります。
    (BOOK-1巻末「この教本の使い方」参照)
  9. BOOK-2では、社会で起きるさまざまな事象を、事故・事件・災害、政治、外交、経済、貿易、安全保障・防衛、その他の7項目に分け、それぞれの項目に4,000語のうちの1,000語が、KEY WORDとして分類してあります。このうち250語は、BOOK-1からの学習を容易にするため、BOOK-1と重複させてあります。これらのKEY WORDを含む800の用例によってニュースに頻出する用語や慣用語法、それにニュースの背景知識を学ぶことが出来ます。(BOOK・2巻末「この教本の使い方」参照)
  10. BOOK-3とBOOK-4では、残る2,000語を含む4,000語全てを用いて、LISTENINGの完成を目指します。また、巻末に「基本文法事項・慣用語法を含む用例番号リスト」を付し、BOOK-1で学習したSYNTAXを多数の用例から帰納的に体得出来るようにしてあります。BOOK-1~BOOK-4の各UNITの末尾にはQUESTION & ANSWERのsessionかありますが、これは、英語による質問の仕方を体得すると同時に、段階的に、より長い英語での答えを要求することによって、最終目的である対話への布石としたものです。さらに、BOOK-3・4ではWORD TESTが英語によるCROSSWORD式にしてありますが、これは、英英辞書を使うための布石です。
  11. BOOK-5は、BOOK-1~BOOK-4がいわばinput(READINGとLISTENING)の学習であったのに対して、output(WRITINGとSPEAKING)を学習するための教本です。BOOK-1~BOOK-4で学んだ用語とSYNTAXについての知識、それに慣用語法を基盤にして、まず、達意の英文を書く練習をおこないます。練習を積み重ねることによってretrieval time(脳の中にしまわれている単語などを呼び出す時間)を短くしていけばspeakingにつながります。speakingの練習のため各UNITの終わりに約3分間のdialogueのパートを設けてあります。
  12. BOOK-1、BOOK-2の巻末に五重塔の図がありますが、これはSYSTEMとしての茅ケ崎方式英語学習法の全体像を示したものです。この図に示すように茅ケ崎方式英語学習法は、茅ケ崎方式の英語学習に対するコンセプトを縦糸に、それを具現するための教材を横糸にした体系的な学習法です。基本教材の他に、基本教材と平行して、あるいは基本教材の学習を終えた後に使用する学校向けスクール教材があります。
  13. 茅ケ崎方式英語会発行の協力校向け教材(スクール教材)は、BOOK-0,BOOK-1,BOOK-2,BOOK-3,BOOK-4,BOOK-5に準拠して学習会のために新しく書き下ろした教材で、協力校として加盟した学習グループや学校に有料で配布するものです。協力校には、各クラスの指導要領を配布し、毎週の教材には補助教材や資料が添付されます。
  14. 英字新聞と英英辞書の活用
    外国語学習の基本はrepetitionですが、英字新聞を読むことによって、茅ケ崎方式で学習した単語や語法に繰り返し出会う(come across)ことが出来、それらが脳の深部に定着していきます。BOOK-4まで学習すれば、JapanTimesをはじめ、日本で発行されている英字新聞の一面、二面は、ほぼ、辞書なしで読むことが出来ます。

    その他の面を読むには、語彙が不足していますが、類推力を働かせれば、内容はだいたい判るでしょう。読みつづけることによって、読むスピードはどんどん速くなっていきます。そうしたら、TIMEやNEWSWEEKなどに挑戦してみて下さい。これらの雑誌は5~6万語の語彙を使用しているので、まだ辞書なしで読むのは無理でしょう。その場合は、英英辞書を使うことをお勧めします。語句の説明にぴったりの表現があって、英語の感覚が身についていきます。そうして、語彙が定着し、増加していけば、LISTENINGもますます楽になっていきます。これらの相乗効果は私達の体験によって確認されています。